お茶

一人一席 春のティーパーティー

今年も、NPO法人現代喫茶人の会が主催する「一人一席 春のティーパーティー」に参加してきました。
さまざまな席主の方が持ち寄る世界のお茶を、茶席形式で楽しむイベントです。
今年で15回目だとか。

会場は東京・府中にある、郷土の森博物館です。
本来は屋外で行われるイベントなのですが、今日は天候が雨模様だったこともあり、博物館の軒先と趣ある建物の田中邸の室内で行われました。
※明日は、外でできるかも。

上の看板のある受付で、お茶券を購入。
各所に設けられているテーブルでお茶券を提示し、参加するというスタイルです。

杭州の烘豆茶

まずはじめに川谷先生の杭州の烘豆茶の席へ。

蓋碗を一つとり、まず、ベースになる緑茶を龍井茶、安吉白茶など5種類ほどの中から選びます。
私は陽羨雪芽にしてみました。

そこに、炒った青豆(これが主役)と菊花、陳皮、ナツメ、ゴマ、クコの実などを好みに応じて入れていきます。
で、そこにお湯を注いで、飲んでいくというものです。八宝茶に似たスタイルですね。

今回は配合は先生にお任せしました(ナツメは甘くなってしまいそうなので、避けました)。
杭州の炒り豆の他に、山形のだだちゃ豆をフリーズドライしたものが持ち込まれていて、これがかなり美味しかったです。
ゴマの香ばしさに菊の香り、クコの実の甘さなど、美味しくいただけました。最後には、具も食べてしまいます。

 

西日本の番茶を色々と

続いて、いっしーさんとさとみさんの番茶の席へ。

今朝、関西から府中まで駆けつけたそうです。すごい(^^;)

こちらでは、阿波晩茶(徳島)、月ヶ瀬の番茶(奈良)、京番茶(京都)の3種類の番茶から2種を選んで飲むことができました。まずは阿波晩茶。

乳酸発酵をさせている、いわゆる漬物タイプのお茶なのですが、寝かせていたものだということで、酸味は少なく、飲みやすいお茶でした。
なんでも、最近、発酵食品ブーム?のせいで、品薄になっているそうです。

続いて、京番茶。

少しスモーキーなのが特徴ですが、煮出さずに急須で入れるスタイルだったので、マイルドでこちらも飲みやすい味でした。
お茶請けは、なぜか餅が焼かれていましたw

 

宮崎の釜炒り茶

続いて、田中邸の方に移って、ちゃぶ台カフェさんへ。

外だと本当のちゃぶ台だったのですが、今日は雨のため、ちゃぶ台風の雰囲気で、とのこと。

こちらではメニューは無く、その都度、ライブ感を持って提供するとのことで、今回は同席した方と一緒に釜炒り茶を1種ずつの合計2種を。

在来種と「みねかおり」という宮崎の品種のお茶を飲み比べてみました。
在来の方はスッキリしていながらも余韻が長く、これは中国でも受けるんじゃないかしら?というお茶でした。
お茶自体にもパワーがあり、身体に響く感じです。こういうお茶は珍しいですね。
「みねかおり」の方は、香りにとても特徴があり、お米の香りがします。
最近、プーアル茶で流行っている糯米香に似た印象でした。なかなか面白いですね(^^)

テーブルランナー代わりには高千穂神社で購入した手ぬぐいが登場しており、宮崎の釜炒り茶愛に溢れる席でした。

 

と、こんな感じで5席ほどを回るとあっという間に、終了時間に。
このイベントは、自分の好きなお茶を一緒に味わって欲しい!という淹れ手の方の思いが伝わってくるので、とても楽しいイベントだと思います。
生産者の方だったり、専門店の方も席主になっているので、一部、お茶を購入できる席もあります。
あと、あまり紹介してませんが、お菓子も色々出てきて、これで1席300円では申し訳ないぐらいです。

ちょっと桜の季節には早かったイメージですが、明日もやっていますので、防寒対策をして、是非お出かけを(^^)

一人一席 春のティーパーティー
日時:2017年4月1日・2日(土・日) 11:00~15:00
会場:東京・府中 郷土の森博物館
イベントWebページ

 

アクセス

郷土の森博物館ですが、京王線・南武線の分倍河原(ぶばいがわら)駅からバスが出ているので、これを使うのが便利です。
時刻表はこちら。

4月17日からダイヤ改正があるみたいですが、とりあえず毎時20分と50分発です。
終点の1つ手前の「郷土の森正門前」で降ります。料金は180円、ICカードの場合は175円です。

バス停に到着したら、バスの後ろにある横断歩道を反対側に渡ります。

するとこちらの入口がみえますので、左手の建物で、入園料(200円)を購入し、入っていくと案内板が出ていると思います。

 

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

楽しいイベントですので、ぜひ(^^)

 

台湾のお茶ガイド(6)紅茶前のページ

「標準」を読む。第2回の日程&平日・京都開催次のページ

ピックアップ記事

  1. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ
  2. 『マツコの知らない世界』中国茶の世界 を中国茶好きが全力でまとめ、補足してみた
  3. 中国茶の世界にようこそ2019(3)簡単なお茶の淹れ方と茶器
  4. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(1)基礎知識編
  5. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(5)帰国後のあれこれ編

関連記事

  1. Teamediaプロジェクト

    中国茶基礎講座、始めます

    セミナーの案内を久しくしていなかったのですが、新しい講座を11月から始…

  2. お茶

    盛況でした!第1回 大大阪お茶会

    10日ほど前になりますが、1月21日(日)に大阪・本町の愛日会館(あい…

  3. お茶

    茶藝師が国家職業資格に復活した件

    昨年末に中国の国家職業資格から茶藝師が外れた、というニュースが流れまし…

  4. Teamediaプロジェクト

    「標準」を読む、第4回好評開催中

    また、すっかり間が開いてしまいました。いつの間にか、11月が終わろ…

  5. 芋圓と冷茶

    お茶

    日本全国茶館めぐり-茶月譚(宮崎県宮崎市)

    神武天皇をまつる神社・宮崎神宮の東側。JR宮崎神宮駅からだと、鳥居…

  6. お茶

    大大阪お茶会、今年は2月24日(日)です!

    ふと気づいたら、これが2019年の初投稿でした。あけましておめでと…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 茶海として使える・UNITEA ミルクピッチャー
  2. 2020年のエコ茶会は、オンライン開催になります
  3. 新しい中国茶・台湾茶の情報サイト「Teamedia」スタート…
  4. 『中国茶の魅力を日本へ!そして世界へ!』
  5. 日本全国茶館めぐり-茶坊 玉蘭(熊本県熊本市)

おすすめ記事

  1. Teamediaプロジェクト

    新企画「新茶を飲む」始めます
  2. お茶

    日本全国茶館めぐり-お茶の時間 雲間(広島県広島市中区)
  3. Teamediaプロジェクト

    「標準」を読む、第4回好評開催中
  4. Teamediaプロジェクト

    セミナー「標準」を読む。第1回、開催しました
  5. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(11)一線天、虎嘯岩
PAGE TOP