お茶

日本全国茶館めぐり-露伴茶館(広島県広島市中区)

広島の中心部に位置する立町。
通りを一本入ったところに、隠れ家的なイタリアンと中国茶の融合を目指したお店があります。

露伴茶館さんです。
昼間と夜は本格イタリアンが楽しめ、ティータイムは中国茶の茶館になるお店です。
※夜の営業はお休みしていることもあるので、訪問の際は最新情報をFacebookなどでご確認ください。

訪問したのは夏のある日の昼。
ランチをいただいて、お茶も飲んでみようと思いました。

お店の雰囲気は、隠れ家的なイタリアンのレストランのようでもあり、少しシノワな雰囲気もあり。
ゆっくりめにランチをしたりするのに、近辺で1軒知っていると自慢できそうな、そんな感じのお店です。

当初思っていた以上に本格的なお店だったので、これは食事するなら予約しないといけなかったかしら・・・と思いました。
が、飛び込みでも快く対応いただけたので、まずは限定ランチをいただくことにしました。

本格的なイタリアン

まずは野菜がたっぷり載ったプレートを。

どれもひと手間加わっていて、良い仕事してますねと思わず言いたくなる感じです。
メインはすじ肉のコロッケと鶏の煮込み。

ご飯ものには銀鮭と大根のリゾット。

どれも本格的で、ガチなイタリアンのお店でした。
これにデザートが付いて1800円なので、お得な気がします。
ゆっくりランチが取れるときとか、ちょっとしたランチパーティーの幹事を任されたりしたときに、こういうお店を知っておくと頼りになりそうです。

こだわりのお茶が揃う

グルメブログでは無くてお茶ブログなので、食レポはこのぐらいに・・・

肝心のお茶ですが、烏龍茶を中心に十数種類のラインナップがありました。

伺ったときのラインナップだと、台湾だと梨山と杉林渓の龍鳳峡に龍眼焙煎烏龍、野生老樹の蜜香烏龍など、お茶好きが選びそうなラインナップ。
大陸のお茶も、清香の安渓鉄観音と正叢野生安渓鉄観音、オリジナルブレンドの武夷岩茶、鳳凰単叢は最近人気の鴨屎香。
さらに蘭花香の祁門紅茶に正山小種、陳年の普洱茶にこれまた陳年の野生白毫銀針、と結構マニアックなラインナップです。

でもお値段は600円からで、高いものでも1500円(1人用のもの)という程度なので、良心的だと思います。
コーヒーの代わりと思うと高いかもしれませんけど、中国茶は煎が効くのでワインのハーフボトルを楽しむのと同じくらいの時間、味わえますから。

こだわったお茶のラインナップとはいえ、初心者さんにも分かりやすく、やさしくお茶をお伝えしていこうという意識は伝わってきます。
お茶の選び方のメニューなどもありました。

読んでいると、かなり情熱を持ってお茶を探求しているのが良く分かります。
オーナーさんが、かなりお茶好きなんだな、というのがビンビンに伝わってくるお店ですね。

スタッフの方にオススメを聞いたところ、店長さんが一番好きなのは鳳凰単叢 鴨屎香(かもしこう。お店ではヤースーシャンと呼んでました)とのことなので、素直に従ってみました。
お値段はメニューでは最高値の1500円するのですが、ワインのハーフボトルを入れると思えば、まあ、そんなものだろうと思います。
※ランチとセットだと、お茶の料金は少し値引きされるようです(確か200円引きだった気が)。

デザートともにお茶を

食後のお茶の時間です。
お湯はガラスの煮水器を用意してもらえます。

システムとしては、ランチの後の場合、60分間、お湯のおかわり自由とのことです。
ゆっくりとランチを食べ、食後にお茶を飲みながらおしゃべり・・・、ということを考えると、ちょうど良い頃合いだと思います。

ランチに付いてきたデザートともにお茶をいただきます。
この日は、凍頂烏龍茶のゼリーとティラミスでした。スプーンの上に乗っているのが凍頂烏龍茶のゼリーです。
お茶の香りはしっかり残っていました。

鳳凰単叢の鴨屎香は、磁器の小さめの急須でサーブされました。
お湯を自分で差し湯して、ずっと飲んでいることができます。

鴨屎香は、非常に香りも高くて余韻もあり、なかなか良いお茶だな、と思いました。これなら、お値段的にも納得です。
最近、急に増えてきた鴨屎香は、割と平地で生産された渋みも強く、お値段も手頃なものが多いのですが、こちらはより良い品質のものを使用しているようです。
このお茶を選ぶあたり、やっぱりオーナーさんはお茶好きさんなんだろうな、と思いました。

ワインを楽しむように、お茶を楽しむ

というわけで、料理も本格的ですが、お茶もなかなか本格的なお店でした。
まだまだ、お茶をいろいろ勉強しながら、試行錯誤を続けているのだろうな、という感じは受けましたが、ワインのようにお茶を楽しむお店を作りたい、というオーナーさんの気持ちは、ひしひしと伝わってきました。

ランチとディナーの時間帯以外は、ティータイムでの営業もしているようです。
お茶だけでも気軽に立ち寄れそうですから、お近くの方や観光にいらした方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

<お店のアクセス>
1階は古美術のお店になっていて、その2階にお店があります。

入口の階段は、写真左のところにありますので、お見落としないように!

露伴茶館 La casa da te ROHAN
住所:広島県広島市中区立町3-1 優美堂ビル2階
電話:082-249-1871
営業:11:00〜17:30、18:00~22:00
定休:月曜
 ※現在、営業が水曜~日曜。ランチは木曜~日曜で、夜の営業はお休み中のようです。
Facebookページ

日本全国茶館・茶荘・教室めぐり一覧

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

面白いお店だと思います(^^)

 

ピックアップ記事

  1. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(3)お店選び編(台北版・その2)
  2. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(2)お店選び編(台北版・その1)
  3. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ
  4. 『マツコの知らない世界』中国茶の世界 を中国茶好きが全力でまとめ、補足してみた
  5. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(1)基礎知識編

関連記事

  1. お茶

    茶藝師が国家職業資格に復活した件

    昨年末に中国の国家職業資格から茶藝師が外れた、というニュースが流れまし…

  2. お茶

    台湾のお茶ガイド(2)高山烏龍茶

    台湾のお茶ガイド第2弾は、現代のエース。高山烏龍茶です。台湾の風土…

  3. Teamediaプロジェクト

    新企画「新茶を飲む」始めます

    先週、中国から帰国しました。帰国後も相変わらずバタバタしております…

  4. お茶

    『現代中国茶文化考』

    とても読みごたえのあるお茶の専門書が、今月はじめに出版されました。…

  5. お茶

    今週末はエコ茶会です

    第14回 地球にやさしい中国茶交流会(通称:エコ茶会)は、いよいよ今週…

  6. お茶

    日本全国茶館めぐり-TEACE Teasalon&Interior(兵庫県川西市)

    新しい街づくりが進む、川西市のキセラ川西地区。ここに新しい中国茶の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 春の四川省茶旅2019(7)蒙頂山・皇茶園
  2. 春の四川省茶旅2019(6)蒙頂山・天蓋寺へ
  3. 春の四川省茶旅2019(5)蒙頂山躍華茶業
  4. 春の四川省茶旅2019(4)峨眉雪芽茶業
  5. 台北でセミナー、やります

おすすめ記事

  1. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(16)北埔へ
  2. 月竹

    お茶

    日本全国茶館めぐり-月竹(福岡市中央区)
  3. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(5)台中刑務所演武場・道禾六藝文化館
  4. お茶

    日本全国茶館めぐり-札幌茶楼 茶譜(札幌市中央区)
  5. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(1)成都パンダ繁育研究基地
PAGE TOP