中国旅行

福建烏龍茶の旅2017(16)上海・大寧国際茶城

厦門高崎空港まで空港快線で

厦門3日目は、移動日です。
武夷山経由で上海まで戻ります(武夷山単純往復と周遊だと5万円ぐらい違ったので)。

来るときは市バスで1元で来ましたが、帰りは旅行者っぽく空港快線に乗ってみたいと思います。
厦門駅直結の地下街3番出口(東南亜酒店)を出たところに、乗り場があります。

地下街の出口の内側から撮った写真ですが、写っているチケット売場は、駐車場の管理人を兼務しているようです。
チケット価格は10元でした。25分に1本の頻度で出ているそうです。

やって来たバスはミニバス。
荷物はトランクなどはないので、自分で車の中に持って上がるスタイルです。
乗客は私一人だけで貸切状態。人気ないんですね(^^;)

市内から空港までの距離が近いのでタクシーでもそんなに高くないのが、流行らない理由かもしれません。
ミニバスなので、大荷物の時にも使いにくそうな感じですし、運行頻度も微妙だし。

空港には20分ほどで到着しました。

厦門高崎空港

少し時間があったので、空港ラウンジに立ち寄ってみました。
国内線ターミナル6番ゲート近くのラウンジです。

とても狭いわりには人が多く、飲み物や食べ物も限られているので、コンセントが使えるだけ良いか、という感じでした。
中国の国内線ラウンジは大体こんな感じですね。

早々に切り上げて、出発ゲートに到着してみると、安定の機材遅れで出発が遅れるようです。
45分遅れで厦門航空武夷山行きの搭乗が始まりました。

武夷山空港

とても短時間のフライトで武夷山空港に到着。
離陸→上昇→ミネラルウォーターが配られる→下降開始→着陸という感じのフライトです。

荷物を受け取って、出発ロビーへ向かいますが、出発便の無い時間帯なので、照明を落としており、薄暗い感じでした。
仕方ないので、国際価格なカフェにてチャーハンを食べつつ、パソコンをパチパチ叩いてレジュメ作りをしていました。

出発90分前にチェックインが始まり、早々に手続きをして、武夷山空港のラウンジへ。
ここは厦門よりは少し広かったですが、窓がない部屋なので、あまり居心地は良くありません。

ポットに入っていたお茶を飲んでみました。
おそらく水仙だと思うんですが、かなり薄いです。
武夷山だけに、ここはもうちょっと頑張って欲しい(^^;)

南寧からの飛行機は少し遅れて到着。
一旦、南寧からのお客さんが降機し、機内清掃を行います。
その後、南寧からの乗客を先に乗せて、武夷山からの乗客は後に乗せる、というスタイルで搭乗が進みます。

結果、武夷山空港を定刻に出発。
上海にも定刻の20時過ぎに到着しました。

この日は、そのまま上海駅近くのホテルへ。
本当に移動しかしていない一日でしたね。

大寧国際茶城にて

最終日です。
夕方の飛行機まで少し時間があるので、大寧国際茶城へ行きました。
単叢は高いのを少量しか購入していなかったので、程々の品質で程々の価格のものを探しに来ました。

単叢専門のお店を何軒か発見。
その中で、ここは良さそうかな、というお店に入ってみました。

話を聞くと、基本的に中山~高山の単叢のみを扱っているそうです。
低山とか平地のは美味しくないから売りたくないの、と。

まずはベーシックなところで、昨年の蜜蘭香を飲ませてもらいました。

潮州出身の方だったんですが、淹れ方は上海向けにアレンジしているようです。
とにかく水線を細く、茶葉に刺激を与えないように淹れています。水圧をかけると渋みが出ますからね。
茶葉量も少なめで、少し大きめの蓋碗に5gにしているとのことです。
上海の人たちは渋みには免疫が無い人が多いので、この技術は必須だな、と。
渋みを嫌って安易に温度を下げる人もいますけれど、それじゃ香りが出ませんので。

このお茶も悪くなかったのですが、んー、なんとなく物足りないな、と思っていたら、今年のも飲んでみる?と。
飲ませてもらうと、こちらの方が甘い香りがハッキリしているので、こちらを購入することに決定。
天候の問題で、今年の方が香りがハッキリ出やすかったようです。

もう1種、何か分かりやすいタイプの香りを、と聞いてみると、桂花香はかなり良かったとのことで、それを飲ませてもらいました。
もう、笑ってしまうぐらい桂花の香りになっていて、これは着香じゃないの?と思わず聞いてしまったほどです。
何煎か飲んでいくと、香りと味の落ち方が自然なので、茶葉そのものの香りだと分かったのですが。

鳳凰山の様子などをスマホで見せてもらって、鳳凰山にも行かないとな~と改めて思いました。
今回、日程があれば行きたかったんですけどね(^^;)

大寧国際茶城・御茶荘

今回は立ち寄りませんでしたが、大寧にも日本人の方御用達のお店がありますので、ご紹介しておきます。
武夷岩茶を主に扱っている御茶荘さんです。大寧国際茶城の2階にお店があります。

オーナーの葉さんが日本語ペラペラなんだそうです。
実は、私は会ったこと無いんですけどね(^^;)

50g単位の料金表があり、日本円での参考価格も掲示されていますから、分かりやすく買い物しやすいのではないかと。
主要な銘柄の岩茶は大体揃っていますし、馬頭岩肉桂なんかもあります。
同じく武夷の正山小種もありますし、その他、日本人の方が好みそうなプーアル茶、ジャスミン茶、安渓鉄観音なども少し置いているようです。

特徴としてはやはり上海のお店なので、焙煎は比較的軽めなお茶が多い気がします。
軽火と中火、足火と火入れに応じて分けて販売されているのですが、足火でももう少し行けそうなぐらいに感じます。
このへんは好みがあると思いますので、まずは試飲させてもらうのが良いと思います。

御茶荘
住所:上海市閘北区共和新路1536号 大寧国際茶城2階2217号
電話:(021)5677-6157

浦東から帰国

お買い物も無事に終わったので、荷物をピックアップして、浦東空港へ。
今回は地下鉄でのんびりと向かいました。
ちょうど出発2時間前に到着しました。

東方航空は第1ターミナルからの出発。
ラウンジに立ち寄ってみたのですが、第2にあるプラザプレミアムラウンジがあまりにも素晴らしいので、かなり落ちる印象です。
これだけで第2ターミナル発着の航空会社にしたいぐらいですw

帰りの東方航空もA321でしたが、今度は勝手にリクライニング仕様なシートではなく、快適でした。
ただ、機内食は・・・(-_-;) でした。

アポ無し・コネ無しでどこまで迫れたか?

今回は、アポ無し・コネ無しで茶産地に行って、どこまでお茶に迫れるか?をテーマにしました。

結論から行くと、武夷山は観光客のルートであっても、かなり近くまで茶園を見られるので、十分満足できるものだと思います。
お茶を買う場所がありすぎて、どこで買うべきかは相当悩むとは思いますが・・・

安渓は、茶園にたどり着くのは少し難しいですが、お茶の流通の中心である中国茶都までは、難なく行くことはできると思います。
ただ、そこで購入するとなると、それなりの度胸と勇気が必要かな、と思います。
茶園は、なんとなくで良ければ、茶葉大観園ですませることもできますが。

いずれにしても、一度行ってみると、それぞれのところで足がかりはできると思います。
それがいわゆる「コネ」になるので、「まずは行ってみよう!」という第一歩を踏み出すのが大事かな、と思います。

言葉やら良いお茶が買えるか不安・・・というのが、どうしても先に立つ方は、お茶の先生方や教室、お店などが主催するツアーに参加するという手もあります。
知識や経験、コネクションを駆使して企画されていることが多いので、そうした専門家の力を借りるのも良い方法ではないかと思います。

いずれにしても、産地は楽しいと思うので、ぜひ行ってみてくださいね(^^)

 

おしまい。

 

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

中国、衛生面や交通面など、だいぶ旅しやすくなってます

「福建烏龍茶の旅2017」記事一覧へ

 

ピックアップ記事

  1. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(4)お店での買い方編
  2. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(2)お店選び編(台北版・その1)
  3. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(3)お店選び編(台北版・その2)
  4. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(1)基礎知識編
  5. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(5)帰国後のあれこれ編

関連記事

  1. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(16)北埔へ

    7日目です。本来ならこの日に帰る予定にしていたのですが、茶農家さん…

  2. 中国旅行

    九曲紅梅と龍井茶の郷へ(15)帝芙特国際茶文化広場・帰国

    いよいよ、最終日です。夕方の飛行機で浦東から帰るので、ラストスパー…

  3. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(3)鹿港まちあるき

    日陰でミルク饅頭と肉まんの栄養補給をしたので、鹿港の観光再開です。…

  4. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(9)春水堂 朝富店・耕讀園 市政店

    お茶屋さんを出た頃にはお昼も回っていました。ちょっと時間をずらして…

  5. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(5)武夷山のお茶工場にて

    お茶工場へ風景区の南入口で乗ったタクシーの運転手さんに連れてこられ…

  6. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(4)天游峰

    天游峰の登山道は急傾斜おじいちゃん、おばあちゃんも登っていたので、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ…
  2. 中国茶の世界にようこそ2019(1)中国茶の全体像
  3. 新茶を飲む「大陸烏龍茶」ご報告&第4弾は「中国紅茶」
  4. 2019年中国茶福袋情報
  5. 中国から帰国しました

おすすめ記事

  1. 宮崎美老園

    お茶

    日本全国茶荘めぐり-宮崎美老園(宮崎県宮崎市)
  2. ブログについて

    ブログ移転しました
  3. お茶

    台湾のお茶ガイド(5)東方美人茶
  4. 中国旅行

    九曲紅梅と龍井茶の郷へ(7)西湖茶葉市場から茶館へ
  5. 中国旅行

    九曲紅梅と龍井茶の郷へ(10)龍井村・老龍井
PAGE TOP