中国旅行

春の四川省茶旅2019(7)蒙頂山・皇茶園

千年茶樹王

天蓋寺の茶神殿は表から入って裏に抜けることが出来ます。
茶神殿の裏には、このような碑がズラリと。

その先に進むと、千年茶樹王がありました。

説明書きによると、野生の喬木型の古茶樹で、高さは3.5m。幅は2.54mとのことです。
山の斜面に生えているので、太陽の光を求めて、ひょろ長く手前の方に伸びているようですね。

天蓋寺まで来たら、もうすぐ着くだろうと思っていたのですが、甘かったようです。
山道が続きます。。。

壁のレリーフ

山道を上がり、牌坊を一つくぐると、少し開けた場所に出ました。

ここで同行していたI先生が「あら、この絵は何かしら」と気づきました。
一同、疲れていたので素通りするところだったのですが・・・
実は、こちらの壁面には、左側には”採茶大典図”という茶摘みと製茶の様子が、右側には”皇茶進京図”という蒙山茶が長安まで運ばれていく様子が刻まれています。

こちらの蒙山を出発し、

雅州(雅安)を経て、

剣門を通り、

都の長安へやって来ました。

右側にいるのが皇帝で、それにお茶が献上される、というわけです。

こういうのを見逃さないのが教養ですね~。
さすがI先生(というか、若い衆より体力があり、驚きでした)。

古蒙泉

その奥には、古蒙泉があります。

別名が「甘露井」。
左には「龍井」と名が書かれていますが、これは龍が出てくるところだった、という話から。
まあ、井戸には龍がつきものです(←決め打ってしまう)。

さらに進んでいくと、大禹像があります。

治水の神様ですね。夏王朝の皇帝です。
大禹嶺の大禹と言った方が通りが良いのかも。

さらに山道を上がっていきます。
このへんにも茶園がありますね。

斜面に生えているので、根の様子なども分かりますね(←視点がややマニアック)。

皇茶園

天蓋寺の入口から、大体30分弱かかって、ようやく着きました。

こちらが皇茶園です。
説明書きによると、西漢の甘露年間(紀元前53~50年)に呉理真がこの地に7株の仙茶を植えた、とあります。
このお茶の木は2000年間枯れることも大きくなることもなく、その茶葉は細くて長く、味は甘くてしかも清らかで、色は黄色っぽいが碧くて、香りがなかなか消えないことから”仙茶”と呼ぶのだそうで。
毎シーズン、360枚の葉っぱを摘み、これを皇帝が祭祀に使ったので、正貢とされたとのこと。
副貢は皇帝が自ら味わうもので、それもこの山の中で摘まれたものだったとか。

その7本の木は、上の写真の壁の裏側にあります。

後ろには虎がいて、茶葉の守り神ってわけですかね。
たしかに、あまり大きくなっていませんが、本当に樹齢が2000年かどうかは良く分からないですね。。。

蒙頂山の遊歩道はこの先にも続いているのですが、我々のゴールはここだったので、ここから引き返します。

ロープウェイで下山

帰り道は、緩やかな坂道が工事中とのこと。

来た時と同じ階段かロープウェイのどちらかということで、ほぼ満場一致でロープウェイを選択しました。
さすがに体力使いましたからね(^^;)

ロープウェイは2人乗りで、ロープウェイというよりはスキー場のリフトに近い感覚ですね。

眼下には茶畑が広がっています。
ほんの数分で、下まで到着。さすがに早いです。

まあ、やはり山を登っていった方がありがたみはあるかもしれません。
色々と見どころもありますし。

ロープウェイ駅の近くには、世界茶文化博物館がありました。
残念ながら、この時既に夕方の5時だったので、閉館していたみたいですけど。

このほか、公園のようなところには、蒙頂山が発祥の”龍行十八式”のオブジェが。

ここから、バスのあるレストランのところに戻ってみると、足が痛いと蒙頂山に行かなかったSさんが、この茶藝の練習をしている人たちと仲良くなっていました。。。

 

続く。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

 

「春の四川省茶旅2019」記事一覧

春の四川省茶旅2019(6)蒙頂山・天蓋寺へ前のページ

春の四川省茶旅2019(8)雅安・西康大酒店次のページ

ピックアップ記事

  1. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ
  2. 中国茶の世界にようこそ2019(1)中国茶の全体像
  3. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(1)基礎知識編
  4. 中国茶の世界にようこそ2019(3)簡単なお茶の淹れ方と茶器
  5. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(3)お店選び編(台北版・その2)

関連記事

  1. 中国旅行

    九曲紅梅と龍井茶の郷へ(14)上海書城・天山茶城

    5日目は上海です。こちらでも小雨が降っています。今回の旅行、毎日、…

  2. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(17)水井茶堂

    路地を入ったところにある茶藝館北埔、老街は良くも悪くも観光地化され…

  3. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(3)鹿港まちあるき

    日陰でミルク饅頭と肉まんの栄養補給をしたので、鹿港の観光再開です。…

  4. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(9)流香澗経由で慧苑寺へ

    大紅袍から水簾洞方面へ普通の観光客の方は、大紅袍を見たらバス停の方…

  5. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(7)悲歓歳月人文茶館

    草悟道の近くからバスに乗り、再び台中刑務所演武場の近くへ。こんどは…

  6. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(10)慧苑坑から水簾洞、大紅袍茶都へ

    慧苑坑を歩く慧苑寺を出て、慧苑坑を歩いて行きます。これが慧苑岩…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 日本全国茶荘めぐり-皇御茗茶葉(静岡県沼津市)
  2. 日本全国茶館めぐり-今古茶藉(山梨県山梨市)
  3. 伊藤園の烏龍茶
  4. 茶海として使える・UNITEA ミルクピッチャー
  5. 2020年のエコ茶会は、オンライン開催になります

おすすめ記事

  1. 九曲紅梅博物館入り口
  1. お茶

    中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ
  2. Teamediaプロジェクト

    台北でセミナー、やります
  3. Teamediaプロジェクト

    標準を読む、第4回は烏龍茶です
  4. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(8)雅安・西康大酒店
  5. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(12)ASW TEA HOUSE
PAGE TOP