台湾旅行

台湾あちこち茶館めぐり2016(8)自慢堂茶器・茶暁得

4日目です。
今日は夕方に台中を離れ、台北に入る予定にしています。

自慢堂茶器

まず向かったのが、無為草堂の1ブロック北側。
通りの向かいにある、こちらのお店。

自慢堂です。茶器のお店です。
会社は養心堂という名前で、昔は「草堂」というブランドで出していました。
大陸に「自慢堂」という名前で進出し、ちょっとハイクラスな台湾発の茶器メーカーとして、一部で人気です。

一応、こちらが台湾での旗艦店になっているようで、高級そうなマンションの1階に入っています。

店内には、茶器が綺麗にディスプレイされていて、高級感漂います。
なんか、高級ブティック風です。

それもそのはず。茶杯が1つ1000元~というお値段なので。
全般的に、結構プレミアム感のある茶器が並んでいます。

元々人気の高かった、ガラスの茶器は、どれも非常に優美なデザイン。
蓋碗や茶杯は、とても薄手に仕上げられていて、造形や絵付けも美しく、確かにお値段なりの価値はあるな、と感じます。
清香系の高山烏龍茶やグレードの高い文山包種茶を淹れて飲んだら美味しいだろうな、と思いました。

いずれも主張するための奇抜なデザインではなく、「茶席にしっくりハマるだろうな」という調和感もあります。
「普段使いに」というよりは、茶席で存在感を示してくれるような茶器を探している場合には、立ち寄りたいお店だと思います。

Facebookページがあるので、それを見て世界観が気に入るかどうかですね。
無為草堂から徒歩3分ぐらいなので、合わせていくのも良いかもしれません。

 

自慢堂 大墩店
住所:台中市南屯区大墩路702号
営業:12:00~21:00
https://www.facebook.com/Sinceslow702/

 

茶暁得

自慢堂から徒歩圏内に、Facebookをチェックしていたお店があったのに気づき、こちらへやって来ました。

茶暁得さんです。
こちらは、梨山の翠峰に茶畑を持つ茶農家さんがやっているお茶屋さんです。

台中、こうした南投あたりの茶農家さんがショップを出しているケースが結構あります。
ほどほどに都会なので子供の教育にも良いし、地元にも戻りやすいというアクセスの良さが魅力なんだろうと思います。

お店に入って、高山茶を飲ませて欲しいとお願いします。
すると、冒頭の写真のように2種類をテイスティングさせてくれました。

いずれも清香系なんですが、1つは奶香が強めに出ています。
金萱かしら、と思ったのですが、葉っぱは烏龍種。なかなか面白いですね(^^)

と、途中で日本人だと気づいたオーナーさんと奥さん。
「日本人だったら、この前、うちの山を案内したぞ」と。
知り合いかと思いましたが、そうではありませんでしたw

日本語は全然出来ないのですが、色々話しながら、高山紅茶だったり紅玉紅茶だったり、重発酵のお茶だったりを試飲させてもらいました。
あれこれ飲んでみましたが、やはりこちらは清香系の正統派の梨山が得意なお店だなぁ、という印象を持ちました。
茶農家さんによって、得手不得手があるので、それを見極めるのが大切です。

最初に飲ませてもらった2種類のうちの1つを1斤ほど購入しようとお値段を聞いたのですが、なんだか提示された金額が安すぎます。

あ:「え、半斤じゃなくて1斤だよ」
店:「そうだよ。1斤の値段だよ」
あ:「何でこんなに安いの?」
店:「いつもどこで買ってんの?」
あ:「台北」
店:「あーーー、台北じゃあ、そのぐらいするな」

というやり取りがありました(^^;)
台中、お値段がググッと安いです。
台北の問屋さんで買うよりも安いので、沢山買う人は交通費かけても台中まで来る価値がありそうですねw

最後に、よく来てくれた、とお店の店頭で販売しているアイスティーをいただきました。

ティースタンドのお茶やコンビニのお茶なんかじゃなくて、茶葉から淹れた本当に美味しいお茶をみんなに飲んでもらいたいから、夏場はこうやって販売しているんだ、とのこと。

日本語は全然通じませんし、オーナーさんは見た目怖い感じ(笑)ですが、とても気っぷの良いお店でした。

 

茶暁得
住所:台中市大業路185号
営業:11:00~20:00
定休:日曜・月曜(2週に一度)
https://www.facebook.com/xiaodetea

 

続く。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

台北とは相場観が違いますね(^^;)

「台湾あちこち茶館めぐり2016」記事一覧

台湾あちこち茶館めぐり2016(7)悲歓歳月人文茶館前のページ

台湾あちこち茶館めぐり2016(9)春水堂 朝富店・耕讀園 市政店次のページ

ピックアップ記事

  1. 中国茶の世界にようこそ2019(1)中国茶の全体像
  2. 中国茶の世界にようこそ2019(3)簡単なお茶の淹れ方と茶器
  3. 『マツコの知らない世界』中国茶の世界 を中国茶好きが全力でまとめ、補足してみた
  4. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ
  5. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(1)基礎知識編

関連記事

  1. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(6)吉時好茶

    草悟広場へ台中刑務所演武場そばのバス停から、バスに乗ります。向かっ…

  2. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(7)武夷宮から大紅袍へ

    風景区の交通の要衝・武夷宮九曲渓の筏下りは武夷宮に到着します。…

  3. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(14)安渓への行き方・茶葉大観園

    安渓行きは枋湖バスターミナルから厦門2日目。今日は安渓に行きま…

  4. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(14)臻味茶苑 永康店・串門子茶館

    MRTで東門駅まで移動してきました。ここからは永康街の茶荘・茶館を…

  5. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(7)悲歓歳月人文茶館

    草悟道の近くからバスに乗り、再び台中刑務所演武場の近くへ。こんどは…

  6. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(10)慧苑坑から水簾洞、大紅袍茶都へ

    慧苑坑を歩く慧苑寺を出て、慧苑坑を歩いて行きます。これが慧苑岩…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 茶海として使える・UNITEA ミルクピッチャー
  2. 2020年のエコ茶会は、オンライン開催になります
  3. 新しい中国茶・台湾茶の情報サイト「Teamedia」スタート…
  4. 『中国茶の魅力を日本へ!そして世界へ!』
  5. 日本全国茶館めぐり-茶坊 玉蘭(熊本県熊本市)

おすすめ記事

  1. 九曲紅梅博物館入り口
  1. お茶

    FOODEX2017 中国茶・台湾茶レポート(後編)
  2. Teamediaプロジェクト

    標準を読む、第3回は白茶と黄茶
  3. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(6)蒙頂山・天蓋寺へ
  4. 中国旅行

    中国から帰国しました
  5. お茶

    一人一席 春のティーパーティー
PAGE TOP