高速鉄道ホームにて

中国旅行

九曲紅梅と龍井茶の郷へ(2)上海経由で杭州へ

成田空港でのドタバタの続きです。
トラブルを細かく書いてもしょうがない気はしますが、同じようなケースに遭った際には役立つかもしれませんしw

変更便の候補は・・・

朝の関空行きのジェットスターに搭乗するも、機材トラブルで飛ばず、欠航が決まりました。
ということで、一度飛行機を降り、ロビーへ。

ロビーへ着くと、変更差額の計算をお願いしていたCAのコールセンターから連絡がありました。
関空-上海への変更差額は、片道のみでも27,000円とのこと。

えーと、それ、予約した往復運賃より高いですw
直前予約ですからね。そうなっちゃいますよね・・・
で、キャンセルの場合は払い戻し無しとのこと。

他に、今日中に中国へ行ける方法としては、関空から大連に行き、そこで一泊。翌日杭州へ飛ぶ便があります、との情報も。
「大連経由で杭州行き。話のネタとしては非常に面白い・・・」と、よこしまな考えが頭をよぎりました。が、そもそも関空に何時に着くか分かりませんので、大連便に乗れる保証がありません。
いずれにしても同じぐらいの変更差額が発生しますし、杭州のホテルはキャンセルしなければいけません。
「とりあえず、杭州便はキャンセルしてください。今後どうするかは、関空にいつ着くかの目処が立っていないので、決まり次第連絡します」ということにしました。

国内でも海外旅行保険は下りる

このようなやり取りをしていたら、なんだか旅行に行く気が、すっかり失せてしまっていました。
もう、なんか疲れたので、いっそのこと全部キャンセルして帰ろうかな・・・と(^^;)

Twitterでこの模様を実況中継していたら、「証明書を取っておけば、後で旅行保険で請求できるかもしれませんね」というレスをいただきました。
そのとき、「あ、海外旅行保険!航空機遅延補償は、こういう場合でも適用できるのかしら?」と思い当たりました。
まだ、国内にいたので、思いつきませんでした。

そこで、今度は保険会社のコールセンターに連絡。
こういう事情なんですが、適用になりますか?と聞いてみました。
「航空会社が代替便を用意してくれないのであれば、差額の支払い分や上海-杭州までの交通費等は、書類を揃えてご請求いただければ出ます」とのこと。
海外旅行保険は、家を出るところから保険の対象なので、国内で何かがあっても、保険が下りるんですね。
限度額は3万円だそうですが、これで少なくとも差額あとは杭州までの交通費は、カバーできることが判明しました。
入ってて良かった海外旅行保険(^^)

・・・ということで、旅行継続の意思は固まりました(←なんと現金なw)

突然、代替便の運航が決定

それでは、ジェットスターの別便に振り替え申請をしないといけません。
おそらく、これだけの乗客を1日では捌ききれないだろうから、明日の便に振替か他社だな・・・と思っていたら、アナウンスが入ります。

「代替の飛行機を手配しました。すぐに出発準備をしますから、お待ちください」とのこと。

LCCには、予備機材なんて用意していないだろうと思っていたので、諦めていました。
が、こうなると、ちょっと状況が変わってきます。

中国国際航空の関空発上海浦東行が、夕方4時にあります。この便に間に合う可能性が出て来ました。
上海~杭州までの移動はありますが、これなら今日中に杭州に着けるのではないか、と。

ただ、代替便が何時に出発するのか、何時に関空に到着するのかのアナウンスはありません。
時刻は只今、12時20分です。

しばらく待っていると、何の前触れも無く、急に搭乗開始のアナウンスが。
あまりに急すぎて、CAのコールセンターに連絡をする暇も無いまま、搭乗しました。

機上では各所に連絡もできないので、微妙な気分。
スマホに落としておいた電子書籍の『地球の歩き方』を見て、どうやったら間に合うか、移動経路を考えていました。

結局、関空到着は14時25分頃。定刻より3時間20分遅れで到着です。
当初乗る予定だった杭州行きCA726便は、出発が10分早まり、1時間以上前に飛び立った後でした。。。

関空で上海行きへ変更

到着後、まずはジェットスターの遅延証明書を取り付けなければいけません。
が、こういうときに限って、ゲートや手荷物カウンターにスタッフがいません。

そこで、出発カウンターへダッシュで行き、遅延証明書の発行を要求。
遅延事由は機材故障かと思ったら、Late Arrival(到着遅れ)で発行されました。シップチェンジしたのに。

次に、中国国際航空のチェックインカウンターへ。
振替なら、コールセンターより早いかな、と一瞬思ったもので。
で、「杭州便に乗り遅れたので、空きがあれば上海便に変更したいんですけど」と相談したところ、それはチケットを購入したところとやってください、とのこと。
・・・ああ、やっぱりそうでしたか(^^;)

そこで、改めてCAのコールセンターに連絡。
今日の16時発の関空-上海便の空き状況を確認して欲しい。空いてたら、予約変更して乗る、と。
状況を調べて、コールバックしてもらうことになりました。

この間に、荷物のピックアップも無事に完了。
後ほど、集荷を担当した自宅近くのヤマトさんから、「関空の方から、時間になっても引き取りに来なかった、という連絡があったんですが・・・」という心配の電話がかかってきましたがw

中国国際航空のカウンター付近で待機していると、コールセンターからコールバックがあり。
空いているし変更もOKとのことなので、カード番号を伝えて、差額分を決済。
領収書を自宅に郵送いただくようにお願いしました。これが無いと、保険を請求できないので。

カウンターの目の前で電話をしていたら、「ひょっとして、今、予約を入れられた方ですか?」と、カウンターの方が声をかけてくれました。
出発直前なのに、システムに予約が急に入ったそうです。
チェックイン締切時刻まであと5分。ギリギリでした。
いやー、慌ただしくてスミマセン(^^;)

昼の時間だったので、出国審査はスイスイと進み、無事に出国。
搭乗ゲートはかなり遠く、ゲートに着いたときには、搭乗は既に始まっていました。
が、どうにか間に合い、16時ちょうど発のCA858便、上海浦東行きに搭乗できました。

関空にて

リニア・地下鉄を乗り継いで虹橋駅へ

飛行機が離陸し、水平飛行に移ると、ようやく、ほっと一息つけました。
本当は今頃、杭州の茶館で優雅にお茶をしていたはずだったんですが、なんですか、この正反対の状況はw

もう、疲れたので、今日は上海で一泊・・・と行きたいところですが、杭州のホテルは予約・決済済み。
しかも、週末なので、観光都市である杭州は、今からキャンセルすると宿が取れなくなる可能性もあります。
何が何でも、今日中に上海から杭州に移動しなければいけません。

上海到着は現地時間の18時少し前でした。

浦東から杭州行きの直行バス(所要約3時間)もあるのですが、1時間に1本しか無く、ちょうど行ったばかり。
金曜日で渋滞に巻き込まれるとさらに時間がかかりそうなので、高速鉄道を使うことにします。
リニア・地下鉄を乗り継いで虹橋駅へ。

虹橋駅は広すぎで、まず切符売場を探すのに一苦労でした。
自動券売機は沢山あるんですけど、外国人は使えないので・・・

切符売場

売場を見つけても、なかなか行列が進まず。さすが中国。
「もう夜だし、今日は金曜日だし。切符は、まだあるんだろうか。本当に今日中に杭州に着けるのだろうか・・・」と少々不安になりました。

ようやく切符を買えたのは、現地時間の20時頃。
20:39発の杭州東駅行きのチケットが取れました。

これで今日中に杭州のホテルには着けそうです。
ああ、良かった(^^;)

初めての高速鉄道で杭州へ

虹橋駅は大きい上、セキュリティーチェックもやっているので、切符売場から待合室に行くまででも結構時間がかかります。

虹橋駅の待合室

セキュリティーチェック後の待合室。広すぎです。
時間の少し前にならないと、プラットフォームには降りられないようになっています。

で、時間になり、プラットフォームへ。

高速鉄道、電源が付いていたり、中国がかなり背伸びをした感じの乗り物だな、と思いました。

特に、車内アナウンスが「女士们先生们・・・」(Ladies and Gentlemenの直訳)から始まるのを聞いて、耳を疑いましたw
意味は分かるんですけど、なんかバタ臭い中国語だな、と。
でも、これが一般的な中国語になるんでしょうねぇ。

杭州東駅には22時少し前に到着。
いつの間にか、地下鉄もできてるし、すっかり浦島太郎です。

初めての杭州の地下鉄に乗り換え、ホテルに着いたのは、22時半過ぎ。

気分がジェットコースターのように揺れ動いた、長い長い一日が終わりました。
#ジェットスターだけに。

はー、疲れた(^^;)

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

明日はいきなり九曲紅梅の産地へ

 

「九曲紅梅と龍井茶の郷へ」記事一覧

問題のジェットスター機九曲紅梅と龍井茶の郷へ(1)飛行機飛ばず、いきなり大ピンチ前のページ

九曲紅梅と龍井茶の郷へ(3)九曲紅梅博物館への行き方次のページ九曲紅梅博物館通り側

ピックアップ記事

  1. 中国茶の世界にようこそ2019(3)簡単なお茶の淹れ方と茶器
  2. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ
  3. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(1)基礎知識編
  4. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(2)お店選び編(台北版・その1)
  5. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(3)お店選び編(台北版・その2)

関連記事

  1. 中国旅行

    九曲紅梅と龍井茶の郷へ(7)西湖茶葉市場から茶館へ

    西湖茶葉市場へ510のバスに乗り、市内方面へ。今度は途中の転塘…

  2. 中国旅行

    中国に来ています

    大変ご無沙汰しております。あるきち@上海です。2月末から突…

  3. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(4)彰化の猫鼠麺

    彰化へ鹿港、結局消化不良な感じでしたが、暑さのあまり撤退することに…

  4. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(1)台中へ

    これも昨年の話になりますが、毎年恒例の東方美人の産地に行ってきました。…

  5. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(10)雅安茶廠

    雅安茶廠へ雅安2日目です。今日はある意味、今回の旅行の一番の目…

  6. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(15)CHIAO TEA SALON・青田茶館

    永康街を南に進んでいくと金華街という道に当ります。このへんでお店が…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 新しい中国茶・台湾茶の情報サイト「Teamedia」スタート…
  2. 『中国茶の魅力を日本へ!そして世界へ!』
  3. 日本全国茶館めぐり-茶坊 玉蘭(熊本県熊本市)
  4. 日本全国茶館めぐり-チャイニーズカフェ・アンディン(熊本県熊…
  5. 日本全国茶館めぐり-無天茶坊(岡山県玉野市)

おすすめ記事

  1. 茶文化展示館入り口
  2. 陶然茶房
  1. お茶

    台湾でお茶を買うノウハウ2018(3)お店選び編(台北版・その2)
  2. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(4)天游峰
  3. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(13)厦門・天成茶葉市場へ
  4. Teamediaプロジェクト

    新しい中国茶・台湾茶の情報サイト「Teamedia」スタート
  5. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(14)臻味茶苑 永康店・串門子茶館
PAGE TOP