台湾旅行

台湾あちこち茶館めぐり2016(14)臻味茶苑 永康店・串門子茶館

MRTで東門駅まで移動してきました。
ここからは永康街の茶荘・茶館を探検します。

臻味茶苑 永康店

最初にやって来たのは、臻味茶苑の永康店。

信義路と永康牛肉麺の間を平行に走る路地にあります。
永康牛肉麺のちょうど裏手ぐらいですかね。

こちらのお店は茶藝界の有名人・呂禮臻老師のお店の3号店です。
茶藝館では無く、お茶の販売店です。

本店は鶯歌の老街の奥にありますが、2号店は迪化街の北側の方、「林五湖本館」という古蹟にあります。
このVTRを見れば、一発で2号店と呂老師の雰囲気が分かると思います。

最後のラスボス的に出てくるのが呂老師です。かなり雰囲気ありますよね。
でも、実際に会うと、とても気さくな方ですので、ご安心をw

こちらの3号店は冒頭の写真の通り、少し明るい雰囲気。
店長さんは、元々は家具の業界にいた方なので、木の使い方は上手かな、と思います。

永康街という場所は、観光客の方も非常に来やすい立地です。
呂老師のお茶を買いたいけれど、鶯歌or迪化街に行く時間が無い、というときには役立つのではないかと。
色々な骨董や茶器の展示会だったり、イベントをする場にもなっています。

私、呂老師のお店では発酵が重めの高山烏龍茶だったり、木柵鉄観音、佛手などを買うことが多いです。
呂老師、ご自分で焙煎をされるのですが、その加減がなかなか良いというのが、1つめの理由。
もう1つは、発酵が重めのお茶は市場にあんまり出回らないのと、あったとしても品質があんまり・・・なことが多いんですね。
が、呂老師の場合は、茶農家に発酵の重さを指定し、スペシャルロットを作らせたりしています。
茶人でありながら、お茶の産地や製法にも詳しい方なので、個人的にはそちらの方を期待して通っております。

ここにあるお茶の多くは、一般には無いものを探してきたり、作らせたりする、いわゆる”茶人のお茶”です。

レアなお茶なので、原価がかなり違いますので、相場の値段よりも、少々~かなり張ります。
たとえば、高山茶よりも遙かに高いお値段の凍頂があったりします。
相場観で買う方は、ちょっとビックリされるでしょう。
既製品の洋服とオーダーの洋服でお値段が違うのと一緒です。

でも、そのお茶のタイプが好きな方にとっては唯一無二ですし、事情を聞けば、割安に感じられるはずです。
そういうのが”茶人のお茶”の世界です。

そんな世界なので、ここのお店は誰にでも勧められるわけではありません。
が、美味しいお茶があるのは確かなので、「台湾茶、もう一通り飲んだしなー」という方が新しい世界の扉を開くのには良いかも、と思います。
台北市内にあるお店は、パッケージ済のお茶を販売しているので、比較的買いやすいのではないかと。
今回も佛手、それからお薦めで飲ませてもらった阿里山を購入しました。

 

臻味茶苑 永康店
住所:台北市金山南路二段13巷19号
営業:13:00~
交通:MRT東門駅から徒歩2分
Facebookページ

臻味茶苑 迪化街店 
住所:台北市迪化街一段156号
営業:10:00~18:00
Facebookページ

串門子茶館

続いて向かったのが、こちらの茶館。

こちらは茶人の経営する茶館、といった趣です。
なので、少しハードルが高いのかな、と勝手に思っていました。
が、勇気を出して入ってみました(←新規開拓はいつも緊張するのです。特に茶人のお店は)。

色々な記事で見かける、インテリアデザイナーから転じた雰囲気あるオーナーさんがいらっしゃいます。
「お茶飲めますか?」と聞いたところ、「もちろん。3種類の冷茶のセットはどう?」とお薦めされました。

なんか思っていたより気さくな方ですね。
個人的に、茶人の方というのは「二度と口も聞きたくない」タイプか「あ、この人いいかも」という大体2つのタイプに分けられるのですが、こちらは明らかに後者でした。
いやー、ほっとしました(^^;)

お薦めの冷茶を注文したところ、出てきたのはこちら。

おお、これは新しい!

アクリルのケースの中に3本の試験管が入っていて、中には氷があって冷やされ続けています。
金萱、凍頂、東方美人と台湾の代表的なお茶を3種楽しめる、という趣向ですね。
面白い(^^)

試験管から、小ぶりなグラスに注ぎ、チビチビと飲んでい来ます。
グビグビとではなく、少しずつ飲まざるを得ないので、香りの違いなども比較的ハッキリ分かります。
インパクト重視の格好だけだろう、と思われるかもしれませんが、案外理に適った提供方法です。

こちら、お茶や茶器も販売していまして、茶器などではアクリルの茶荷だったり、珍しい茶道具、茶器が色々と。
このへんのセンスはさすがデザイナーさんですね。

茶葉はクオリティーが高めのものが中心。
今回の3種の中では、凍頂がかなり美味しかったのですが、お値段は、やはり”茶人のお茶”でした。
下手な高山茶より高いのですが、下手な高山茶より遙かに旨いので、個人的には”買い”です。
というわけで、最低単位の1缶(150g)を購入しました。

 

串門子茶館
住所:台北市麗水街13巷9号
営業:13:00~22:00
交通:MRT東門駅から徒歩7分
Facebookページ

 

茶館や茶荘、茶器店が増える永康街

永康街を歩き回って探検してみたのですが、茶器屋さんとか茶館とか、茶荘が異様に増えているように感じます。
フラッと駅の近く、金華街を渡る手前まで歩いて、写真をパチリとしたところだけでもこんな感じ。

最後に出てきた不二堂というお店は、特によく見かけます。
「なんだこの店は?」と思っていたのですが、陶作坊が母体だそうです。
この展開力はタダモノでは無い、と思っていたのですが、その勢いも納得です。

もっとも、「こんなにお店があって大丈夫?永康街は家賃高いのに??」と、私などは思うのですが・・・
大陸からの観光客特需なども、かなり影響していそうな気がします。
数年経って、どれだけのお店が残るか、ですね。

 

続く。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

続いては、金華街を越えて南の方へ向かいます

「台湾あちこち茶館めぐり2016」記事一覧

 

関連記事

  1. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(2)武夷山へ

    虹橋空港から武夷山へ2日目。虹橋空港第2ターミナルへ移動し、チ…

  2. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(1)まずは上海、天山茶城へ

    福建烏龍茶の二大産地、武夷山と安渓に行ってきました。今回は「アポ無…

  3. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(3)天游峰景区・茶洞

    風景区の入口でチケットを購入少々疲れるタクシードライバーと別れ、ま…

  4. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(19)百果園・春點 Spring Point

    百果園いよいよ帰国の日です。しかし、私には1つ、やり残しているミッ…

  5. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(9)流香澗経由で慧苑寺へ

    大紅袍から水簾洞方面へ普通の観光客の方は、大紅袍を見たらバス停の方…

  6. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(4)天游峰

    天游峰の登山道は急傾斜おじいちゃん、おばあちゃんも登っていたので、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 福建烏龍茶の旅2017(13)厦門・天成茶葉市場へ
  2. 福建烏龍茶の旅2017(12)虎嘯岩から玉女峰、中華武夷茶博…
  3. 福建烏龍茶の旅2017(11)一線天、虎嘯岩
  4. 福建烏龍茶の旅2017(10)慧苑坑から水簾洞、大紅袍茶都へ…
  5. 福建烏龍茶の旅2017(9)流香澗経由で慧苑寺へ

おすすめ記事

  1. 月竹
  2. 茶文化展示館入り口
  1. Teamediaプロジェクト

    標準を読む、第3回は白茶と黄茶
  2. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(8)大紅袍母樹
  3. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(13)南街得意・冰讃
  4. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(11)一線天、虎嘯岩
  5. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(9)流香澗経由で慧苑寺へ
PAGE TOP