台湾旅行

台湾あちこち茶館めぐり2016(2)鹿港へ

2日目は、台中から始動です。
今日は観光デーということで、古都・鹿港へ行ってみたいと思います。
以前は、彰化からバスで行ったのですが、台中からもバスで一本とのことなので、試しに台中からバスで行ってみました。

干城站からバスに乗るも・・・

台中駅から少し歩いたところにある、干城站。
ここは南投方面など、各地域のバスが発着しています。
その中のバス停を探しますと・・・

あった。これですね。
バスチケットを売っている人に聞いたところ、鹿港行きはチケットは不要で、車内で精算とのこと。
悠遊カードも使用可でした。

ただ、「このバス、停留所多くない?」と思いました。
途中、高鉄台中駅や彰化駅なども通過するようです。
んー、なんか時間がかかりそうな予感・・・

と思っていたら、バスが早速来てしまったので乗車します。

バスは市内バスというよりは、長距離バス風。
あ、これなら早いのかもな・・・と思ったのですが、見事に各駅停車をしていきます。
一般の足として利用されている路線なんですね。。。

あまりに乗車時間が長く、さすがに飽きてきました。
スマホのGoogleマップで鹿港の観光戦略を練っていると、鹿港の入口のところに観光案内所があることを発見。
その最寄りと思われる火車站バス停で降りることにしました。

ここは台湾糖業鉄路の旧・鹿港駅があった場所とのことです。

結局、ここまで台中から1時間45分かかりました。
羽田から長崎まで行ける時間・・・

で、バス停をチラッと見たら、こんなバスの案内が。

どうやら、高速道路経由のバスがあったようです・・・(-_-;)

某バスの旅のように?「高速バスは利用不可」というルールがない方は、こちらがおすすめですね。
台中からバスで行こうとされる方は、経路にご注意を。
この高速経由バス、干城にも止まりますが、台中駅裏が始発のようなので、そこへ行けば間違いが少ないかもしれません。

鹿港文武廟

少し手前に戻りまして、鹿港文武廟へ。

こちらの中に、観光案内所が入っています。

まず、地図を無事にゲットしました。
鹿港は派手な見どころがどかんと一箇所にあるというよりは、街中にポツポツと小さく地味な見どころがある街です。
ですので、地図が無いとよく分からないんですよね。

地図によれば、鹿港文武廟は、鹿港の街の南の端側に当たります。
そこで、ここから龍山寺や摸乳巷、九曲巷などの見どころを押さえつつ、小吃を食べ歩きながら、北にある天后宮を目指すという計画にしました。

ただ、不安材料が。

この空のピーカンぶりからも、日差しの強さが分かると思うのですが、とにかく暑いのです。
この日は、どう考えても街歩きに向いている天候ではありませんでした(この日は、6月1日です)。
が、来てしまったので仕方ありません。
体力が続くところまで、行ってみましょう。

鹿港龍山寺

まずは、近くにある鹿港龍山寺へ。
文武廟から徒歩10分もかかりませんでした。

こちらが龍山寺の後殿です(冒頭の写真が前の方)。
ここは一級古蹟ということで、かなり歴史というか風格を感じる建物です。

こちらの天井などは、かなり細かな装飾が施されています。

こういうのが大好きな方は、見逃せないポイントだと思います。

摸乳巷

続いて、老街からは少し外れの方にある見どころへ。
小学校を過ぎて、ちょっと路地を入ったところにある場所です。

摸乳巷という、その名の通り、行き交うときに胸が触れあってしまうぐらい狭いという路地です。

反対側に通り抜けられるようになっているので、私ももれなく通ってみました。

・・・塀の間をすり抜ける猫の気分が、分かったような気がしますw

 

阿振肉包

ここまで歩いただけで、結構フラフラになりました。
夏場の台湾中部の日差し、ハンパないです。

そこで休憩も兼ねて、一旦、大通りに戻り、こちらの有名店へ。

阿振肉包さんです。
こちらのお店、鹿港の方に愛される肉まん屋さんなのですが、東京・世田谷にある「鹿港」さんという肉まん屋さんが修行したお店としても有名です。
その旨、店頭にも貼ってありました。

メニューは、こんな感じ。

オリジナル(原味)肉まんと翡翠肉まん(ニラと豚)、それからミルク饅頭、ほかにもいろいろなものがあります。
1個から買えるので、とりあえず、オリジナルの肉まんとミルク饅頭を買ってみました。

まずはミルク饅頭。

少しもっちり目の生地に、ミルクのやさしい甘さがあって、これはなかなか美味しいと思います。
大騒ぎするような美味しさというよりは、安心して食べられるな、というホッとする感じですね。

続いて、オリジナル肉まん。

餡を見せたかったので、食べかけな感じですみません。
こちらもですね、特に「ものすごく美味しい」という感じではありませんでした。
確かに美味しいんですけど、びっくりするような所はあまりありません。

が、それがこのお店のいいところなんだろうな、と思いました。
あまりにも奇をてらった味付けをしているとか食材を使っていることも無く、派手な感じが無いから、食べ続けられる味なんではないかな、と。
ベーシックであることの良さ、と言いましょうか。

なので、「ここの肉まんがとにかく美味しい!」とか、妙にハードルを上げてくると肩すかしを食うんだろうなぁ・・・と思います。

阿振肉包(振味珍)
住所:彰化縣鹿港鎮中山路71號
https://www.a-zen.com.tw/

 

続く。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

こんな調子で街歩きを続けます(^^;)

「台湾あちこち茶館めぐり2016」記事一覧

台湾あちこち茶館めぐり2016(1)台中へ前のページ

台湾あちこち茶館めぐり2016(3)鹿港まちあるき次のページ

ピックアップ記事

  1. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(1)基礎知識編
  2. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(2)お店選び編(台北版・その1)
  3. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ
  4. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(5)帰国後のあれこれ編
  5. 中国茶の世界にようこそ2019(1)中国茶の全体像

関連記事

  1. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(10)林家花園・GOODAE・茶湯會

    5日目は台北からスタートです。台北も朝から凶悪な暑さ(-_-;)…

  2. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(8)大紅袍母樹

    品種が色々大紅袍に行く手前は、品種園となっていて、様々な品種が植え…

  3. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(16)上海・大寧国際茶城

    厦門高崎空港まで空港快線で厦門3日目は、移動日です。武夷山経由…

  4. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(10)雅安茶廠

    雅安茶廠へ雅安2日目です。今日はある意味、今回の旅行の一番の目…

  5. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(10)慧苑坑から水簾洞、大紅袍茶都へ

    慧苑坑を歩く慧苑寺を出て、慧苑坑を歩いて行きます。これが慧苑岩…

  6. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(4)彰化の猫鼠麺

    彰化へ鹿港、結局消化不良な感じでしたが、暑さのあまり撤退することに…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 『中国茶の魅力を日本へ!そして世界へ!』
  2. 日本全国茶館めぐり-茶坊 玉蘭(熊本県熊本市)
  3. 日本全国茶館めぐり-チャイニーズカフェ・アンディン(熊本県熊…
  4. 日本全国茶館めぐり-無天茶坊(岡山県玉野市)
  5. 日本全国茶館めぐり-凰茶堂(福岡県北九州市小倉南区)

おすすめ記事

  1. 九曲紅梅博物館通り側
  1. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(5)武夷山のお茶工場にて
  2. お茶

    台湾のお茶ガイド(6)紅茶
  3. Teamediaプロジェクト

    新茶を飲む「大陸烏龍茶」ご報告&第4弾は「中国紅茶」
  4. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(13)厦門・天成茶葉市場へ
  5. どりっぷぽっと

    お茶

    日本全国茶荘めぐり-どりっぷぽっと(福岡市早良区)
PAGE TOP