中国旅行

福建烏龍茶の旅2017(2)武夷山へ

虹橋空港から武夷山へ

2日目。
虹橋空港第2ターミナルへ移動し、チェックイン。
指定のゲートはバスラウンジにありました。地方路線っぽいですね。

観光路線なのだろうと思っていたのですが、東方航空MU5535便・武夷山行きの最終目的地は南寧。
南寧は、広西チワン族自治区の首府です。
平日のためか、乗客の中心は、かなり地方から出て来た感のある方々。
みなさん終点の南寧まで行くようです。

その雰囲気を濃厚に感じたのは、搭乗開始のアナウンスがあってからの搭乗口。
「順番を無視してでも、我れ先に」という中国らしい押し合いへし合いが始まり。
飛行機の搭乗というよりは、路線バスに乗るような感じでした。
・・・まあ、とりあえず乗るのはバスなんですけど。

2本目のバスに乗って搭乗したのですが、私の席には案の定、おばあちゃんがしっかり座っていました。あまりにも予想通り。
「そこは僕の席ね」「ここで良いじゃない」と、よくあるやり取りをして席に着きます。バスか。

武夷山までのフライトは1時間ちょっとでしたが、軽食が出ました。

ツナサンドとミネラルウォーター1本でしたが、これで十分ですね。

特に揺れもなく、順調なフライト。
武夷山が近づいてくると、ゴツゴツとした岩山が目立つようになりました。
茶畑も多くて、おお武夷山だ、と。

武夷山空港に着陸すると、軍民共用の空港らしく、撮影は一切禁止とのアナウンスが。
格納庫がいくつもあり、戦闘機が駐機しているので、まあそうでしょうね・・・

武夷山空港は規模としては小さかったのですが、しっかりとボーディングブリッジからの降機でした。
出発と到着の導線が分かれていないので、待合室の中を通って、荷物を受け取り、到着ロビーへ。

 

空港からホテルへ

ホテルのチェックインの時間には早いのですが、時間を有効活用するため、ホテルに荷物だけ置き、そのまま風景区へ行くことにしようと思いました。
とりあえず、タクシーを拾って、ホテルへ向かってもらい、そのあと、風景区の南口まで着けてくれと言います。

タクシーの運転手さんは、やたらハイテンションで、わーわー言うタイプの方でした。

「印象大紅袍」は良いぞ~。チャン・イーモウは知っているか?
武夷山に来たら、もちろんお茶は買うんだろ?俺んちはお茶屋なんだ。工場で自分のところで作っているから、安いぞ。旅游区の店なんかじゃ買っちゃダメだ。
風景区のチケットは持っているのか?持ってないだろう。じゃあ、そのチケット売場に寄ってやるよ。「漂流(筏下り)」のチケットも買えるぞ。

等々。
んー、調子が良すぎて、なんか信用できない感じ。。。

実際、そのお茶屋の前を通りがかり、「今、お茶飲んでくか?」というので、まあ、まずはホテルに行け、と。
後で考えると、天心岩茶村か大紅袍茶都の中のお店だったようです。
おそらく自分の家じゃなくて、お友達のお店で、紹介料が入るんじゃないかと。

続いて、街中のチケット販売店に立ち寄り、ほら、ここで降りて買いなよ、と。
「いや、風景区で売っているでしょ?」と言ったら、「売ってない」と。
実際降りてみたのですが、民間のチケット販売会社のようで、ここもおそらく紹介するとバックマージンが入るんだろうな、と。
「漂流」も、みなさんのイメージする九曲渓のやつじゃなくて、旅游区の中を流れる雲河という一直線の川を下るものでした。
それ、意味ないから。

「あー、ネットで買ってるから、引き換えだけなんだよね。ここじゃできないみたいだけど、風景区ならできるでしょ?」と言ったら、なんだ、そうか、と諦めてくれました。
・・・実は身分証が必要なんで、外国人はネットで買えないんですけどねw

そのあとも、「風景区は明日にして、今日は滝(青龍大瀑布)を見に行かないか?」
それ、遠いよ。車代、いくらかかるのよ。

と、終始、自分のビジネスの提案をしてきます。

んー、コイツはダメだ。。。(-_-)

とはいえ、とりあえず風景区の南口までは、乗せていってもらわないといけません。

どうにかホテルに到着して、荷物を預けます。

 

期せずして豪華ランチに

「ところで、飯は食ったのか?」と。

うむ、これは初めてぐらいの、まともな提案。

どこか良いお店知ってるの?と聞くと、連れてこられたのはローカルなレストラン。
食材を自分で選んで調理してもらう系のお店でした。ちょっと高いかな、と思ったんですが、まあ最初ぐらいは良いかと。

お店のおじさんと話すと、1人なら2品とスープだな、と。
お肉については、ラクダ?と言っていたので、おお、それは面白そうと、そちらに(これが非常に高額だった・・・)。
魚は川魚なので、そんなにそそられなかったのですが、武夷山の名物だと言うことで、とりあえず小さいのを。
スープはキノコを色々取り合わせて作ってやる、とのことだったので、それを。

結果はこんな感じ。

ラクダは鉄板焼きに。
味付けは少々濃いめなのですが、野菜もたっぷりでかなり美味しかったです。
ただ、ラクダである必要は無かったような・・・

お魚はこんな感じに。
泥臭さなどはないのですが、身は淡泊でうーん、どうだろう、、、という感じです。
魚に恵まれた日本人にはあんまり・・・でした。

キノコたっぷりのスープ。
これは当たりでしたね(^^)

美味しいのは美味しいのですが、量が3名分ぐらいはあったような気が・・・
で、お会計も3名分ぐらいの値段になりました(涙)
ラクダを選んだのが失敗でしたね。高級食材だった。。。

・・・と、色々ありましたが、武夷山風景区の南門に到着。

日没まで約3時間は観光できそうなので、どこか1カ所ぐらい見学しようと思います。

 

続く。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

毎度ながら、タクシーに乗ると色々面倒ですね(^^;)

「福建烏龍茶の旅2017」記事一覧へ

 

福建烏龍茶の旅2017(1)まずは上海、天山茶城へ前のページ

福建烏龍茶の旅2017(3)天游峰景区・茶洞次のページ

ピックアップ記事

  1. 中国茶の世界にようこそ2019(3)簡単なお茶の淹れ方と茶器
  2. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(3)お店選び編(台北版・その2)
  3. 中国茶の世界にようこそ2019(1)中国茶の全体像
  4. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(5)帰国後のあれこれ編
  5. 『マツコの知らない世界』中国茶の世界 を中国茶好きが全力でまとめ、補足してみた

関連記事

  1. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(7)武夷宮から大紅袍へ

    風景区の交通の要衝・武夷宮九曲渓の筏下りは武夷宮に到着します。…

  2. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(8)雅安・西康大酒店

    茶文化テーマホテル-西康大酒店蒙頂山での観光を終えて、雅安市内の雨…

  3. 茶文化展示館入り口

    中国旅行

    九曲紅梅と龍井茶の郷へ(4)偶然、九曲紅梅の名人の元へ

    さて、それでは早速、お目当ての九曲紅梅茶文化展示館に行ってみましょう。…

  4. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(2)鹿港へ

    2日目は、台中から始動です。今日は観光デーということで、古都・鹿港…

  5. 中国旅行

    九曲紅梅と龍井茶の郷へ(13)聞鶯閣茶楼・上海へ

    4日目です。杭州最終日にして、ようやく雨から解放されました。…

  6. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(3)鹿港まちあるき

    日陰でミルク饅頭と肉まんの栄養補給をしたので、鹿港の観光再開です。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 日本全国茶荘めぐり-皇御茗茶葉(静岡県沼津市)
  2. 日本全国茶館めぐり-今古茶藉(山梨県山梨市)
  3. 伊藤園の烏龍茶
  4. 茶海として使える・UNITEA ミルクピッチャー
  5. 2020年のエコ茶会は、オンライン開催になります

おすすめ記事

  1. お茶

    春の四川省茶旅、ふたたび。
  2. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(10)慧苑坑から水簾洞、大紅袍茶都へ
  3. お茶

    『マツコの知らない世界』中国茶の世界 を中国茶好きが全力でまとめ、補足してみた
  4. 雑記

    本年もどうぞよろしくお願いいたします
  5. 中国旅行

    九曲紅梅と龍井茶の郷へ(14)上海書城・天山茶城
PAGE TOP