中国旅行

九曲紅梅と龍井茶の郷へ(13)聞鶯閣茶楼・上海へ

4日目です。
杭州最終日にして、ようやく雨から解放されました。

今日は午前中を杭州で過ごし、午後から上海に移動するスケジュールにしていました。
ホテルで荷物を預かってもらって、まずは西湖へ。

西湖へ

杭州市内はG20を控えて、街のあちこちで”お化粧”が行われていました。

国家の威信にかけて、目につきそうなところは補助金を投じてでも直すのです。
これぞ中国。

トコトコ歩いて、西湖へ。

西湖のほとりをブラブラとします。
途中、西湖天地で台湾の王徳傳(お茶屋さん)が出店しているのを見ました。
うーん、ここで台湾茶は、なんか違う気がしますね(^^;)

さらに南の方へ向かっていきます。

聞鶯閣茶楼

西湖十景の1つ・柳浪聞鶯にある、茶館に来てみました。

聞鶯閣茶楼です。
こちらは湖畔居に比べると、最低消費が庶民的な料金の茶館です。
茶菓はビュッフェスタイルになっていて、料理もあり、食事をとることも可能です。

湖に面したテラス席が空いていたので、ここに陣取ることにしました。
雨が降っていなかったので、良かったです。

さて、メニューを見てみます。

こちらのお茶の値段には、ビュッフェの茶菓の料金も含まれています。
最も安いお茶の値段は88元なので、これが最低消費金額ですね。

注意すべき点は、9:30~16:30が早場で、17:00~は晩場と分かれています。
この時間を跨がって利用する場合は、60%の料金が加算されるとあります。
おそらく、食事メニューなどが変わるんだと思います。
この時間を外して入店した方が面倒がなくて良さそうです。

お茶ですが、緑茶はもちろんのこと、烏龍茶に黒茶、白茶、紅茶、花茶と大体何でもあります。
あ、黄茶は無かったかもしれません。

お茶の量は全て1g。
台湾や日本の茶館に比べると、少ないように感じるかもしれません。
でも、中国茶(特に緑茶)は、このぐらいの量でも結構飲めるもんなんですよね(烏龍茶と黒茶はさすがに少ない気がしますが)。
何煎も重ねていくと、味がなくなってしまいますが、ここは1回に限り同じ茶葉に取り替えができます。

大体のお茶のお値段は100元前後。
高くても120~130元というところなんですが、例外があります。
それは、プーアル茶です。

上の方にあるお茶はリーズナブル。
陳年プーアル茶でも128元と、まだ許せる範囲ですが、冰島の生餅は288元、景邁千年古樹茶は258元となります。
繰り返しますが、1gのお値段です。しかも人民元です。

さらに凄いのは馬背磚(马背砖)というお茶。

なんと、1gで560元です。
人民元なので、だいたい1万円弱です。
1gで1万円。ここまで来ると”末端価格”と呼びたくなりますね(^^;)

まあ、このような例外的なお茶を選ばなければ、100元ぐらいで楽しめる茶館なので、庶民的というわけです。
来ているお客さんも、湖畔居と比べるとかなり庶民的な感じです。

で、私は浙江省の緑茶、雪水雲緑を注文してみました。100元です。
地元じゃないと飲めないようなお茶を飲みたいもので。

浙江省のお茶の中でも、かなり穏やかな個性のお茶だと思います。
開化龍頂などはちょっと癖を感じることもありますが、こちらは日本人の方にも受けそうな味です。火の香がないので。
お値段的にも比較的お手ごろなんですが、日本ではあまり見ないですね。

奥の方に見える塔は、おそらく雷峰塔ですかね。
席によっては、こんな感じの景色が楽しめます。

お茶請けをパクパクつまみつつ、保温ポットのお湯を差し湯して、お茶を飲み続けます。
茶菓は少し当たり外れがありますので、様子を見ながら、少量ずつ色々とるのが良いと思います。

途中でお茶を交換し、2時間少々の滞在時間で、こちらの保温ポットを1本、空にしました。

たぶん、2リットルは飲みましたねw

お天気の良いときは、景色も楽しめるので、選択肢の1つに入りそうな茶館です。
週末や中国の休日は、ちょっと混みそうですけどね。

聞鶯閣茶楼(闻莺阁茶楼)
住所:杭州市上城区南山路3号

 

杭州駅から上海へ

こちらの茶館ですっかり食事も済ませ、河坊街を少し散歩。

歩いてホテルまで戻って、荷物を引き取り、杭州駅へ。

外にある切符売場で、14:50発・上海虹橋行き高速鉄道の切符を無事にゲットしました。

待合室で少し待って、無事に乗車。

上海虹橋駅までは、1時間ほどで到着しました。速いです。

ここから、地下鉄を乗り継いで、上海のホテルにたどり着いたのは17時半頃。
荷物もあったので、夕方のラッシュに巻き込まれなくて、良かったと思います。

杭州は、茶産地めぐりの入門編としては、ピッタリの街ではないかと思います。
龍井村は少し商業化しすぎな雰囲気はありますが、やはり市街地からすぐに行けるというのは魅力です。
杭州の街は中国の中では、かなり綺麗な街並みなので、その点でも安心ですし。
是非、今回の旅行記を参考にしていただいて、杭州を巡ってみてくださいませ(^^)

 

続く。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

次回から上海編~

「九曲紅梅と龍井茶の郷へ」記事一覧

 

杭州解放路茶葉市場九曲紅梅と龍井茶の郷へ(12)杭州解放路副食品茶葉市場前のページ

九曲紅梅と龍井茶の郷へ(14)上海書城・天山茶城次のページ

ピックアップ記事

  1. 中国茶の世界にようこそ2019(3)簡単なお茶の淹れ方と茶器
  2. 中国茶の世界にようこそ2019(1)中国茶の全体像
  3. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(5)帰国後のあれこれ編
  4. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(4)お店での買い方編
  5. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ

関連記事

  1. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(10)雅安茶廠

    雅安茶廠へ雅安2日目です。今日はある意味、今回の旅行の一番の目…

  2. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(3)鹿港まちあるき

    日陰でミルク饅頭と肉まんの栄養補給をしたので、鹿港の観光再開です。…

  3. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(3)成都から峨眉山へ。天福のサービスエリア

    名残惜しくはありましたが、鶴鳴茶社を出まして、人民公園近くの目的地に徒…

  4. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(7)蒙頂山・皇茶園

    千年茶樹王天蓋寺の茶神殿は表から入って裏に抜けることが出来ます。…

  5. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(12)雅安博物館

    雅安博物館へあっという間に最終日になってしまいました。やはり四…

  6. 中国旅行

    中国から帰国しました

    ご無沙汰しております。あるきちです。今月は1日~7日までと…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 日本全国茶荘めぐり-皇御茗茶葉(静岡県沼津市)
  2. 日本全国茶館めぐり-今古茶藉(山梨県山梨市)
  3. 伊藤園の烏龍茶
  4. 茶海として使える・UNITEA ミルクピッチャー
  5. 2020年のエコ茶会は、オンライン開催になります

おすすめ記事

  1. お茶

    『現代中国茶文化考』
  2. お茶

    一人一席 春のティーパーティー
  3. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(9)雅安の街と兄弟友誼蔵茶廠
  4. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(16)上海・大寧国際茶城
  5. Teamediaプロジェクト

    中国茶基礎講座、始めます
PAGE TOP