中国旅行

春の四川省茶旅2019(8)雅安・西康大酒店

茶文化テーマホテル-西康大酒店

蒙頂山での観光を終えて、雅安市内の雨城区へ。
雅安での宿泊先は、西康大酒店でした。

立地的に少し中心からは外れますし、2004年の開業なので、あまり新しいホテルでも無いですし、星も3つです。
しかし、こちらへの宿泊は、今回の旅行でこだわったところの1つでもあります。

というのは、こちらは雅安茶廠の経営でして、中国初の茶文化テーマホテル(茶文化主題酒店)だからです。
なるほど、ロビーなどにもお茶の雰囲気が確かに。

部屋に行ってみると、このホテルが明らかに普通ではないことが分かります。

ベッドの上の壁面、これ蔵茶(金尖茶)ですね・・・

枕も、このホテルが独自に作った蔵茶入りの枕です。
しかも、このレリーフも、蔵茶(雅細)ですね・・・

さらに、部屋の中には無造作に蔵茶がドーンと置かれていたり。

昔の人は、この状態の蔵茶を担いで、チベットまで持って行ったらしいですよ。
カーテンの裏側にも蔵茶がこんなに積まれていました。

あとで支配人にお聞きしたところによると、なんでも清華大学と共同研究をしていて、部屋の中に一定量以上のお茶があると、精神が落ち着くという研究があるそうです。
なるほど、お茶好きがお茶を積む(注:「飲みきれない量のお茶を沢山抱える」の意)のは、精神の安定のためなんですね。
清華大学が言っているのなら、それは仕方がない・・・

たしかに部屋中に蔵茶の香りが満ちていて、なんか落ち着きます。ここに宿泊した2泊は大変良く眠れました。

部屋に入ると、ウェルカムティーを持ってきてくれたのですが、これもしっかり蔵茶でした。

茶韻全席

この日の食事は、このホテルの売りの一つであるこちら。

「茶韻全席」というお茶のコースです。
ホテルのレストランも、壁面にはお茶が。

この箸入れは、チベットっぽい感じです。

お料理はこんな感じ。
どの料理にもお茶が使われています。

地元の食材とお茶を取り合わせていて、どれもおいしくいただきました。

2004年の国際茶文化研討会で使用した茶室

今回は、かなり特殊なコネでお邪魔したからか、2日目の夜には支配人から茶室に招待されました。

窓からは、雅安の街が見えます。

提供されるお茶はもちろん蔵茶。

飲み終えると、すぐに注がれるという”わんこ蔵茶”状態になるのですが、いくらでも飲めてしまうのが蔵茶の不思議なところ。
雅安での滞在を経た参加者のみなさんは、蔵茶中毒?になる人もいるとかいないとか・・・
そのくらい、身体にやさしいお茶なんだろうと思います。

今回は、特別にと言うことで、2004年の国際茶文化研討会で使用した茶室を見せていただきました。

四方の壁がビッシリと蔵茶に覆われていまして、ここで重要な会議をしたとか。西康大酒店が、中国初の茶文化テーマホテルと言われるのは、この会議の時にオープンしたからのようです。
支配人は、当時の中国で進んでいた西部大開発の一環で、中国の東部(たしか安徽省)からやってきて、異業種からここの支配人になり、色々な工夫をしてこのホテルを作り上げたそうです。
非常に忙しそうでしたが、テキパキと指示をする、まさに仕事の出来る女性ですね。
中国ではこういう女性が沢山活躍しています。

 

このホテルはその出自や部屋数の少なさからして、一般に広く開放というわけでもないようです。
機会があれば、お茶好きさんなら泊まってみたいホテルだと思います。

 

続く。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

 

「春の四川省茶旅2019」記事一覧

 

春の四川省茶旅2019(7)蒙頂山・皇茶園前のページ

春の四川省茶旅2019(9)雅安の街と兄弟友誼蔵茶廠次のページ

ピックアップ記事

  1. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(4)お店での買い方編
  2. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(2)お店選び編(台北版・その1)
  3. 中国茶の世界にようこそ2019(3)簡単なお茶の淹れ方と茶器
  4. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ
  5. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(3)お店選び編(台北版・その2)

関連記事

  1. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(17)水井茶堂

    路地を入ったところにある茶藝館北埔、老街は良くも悪くも観光地化され…

  2. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(18)東方美人の茶農家さんへ

    厳しかった2016年の東方美人お昼も食べたので、北埔を後にして茶農家…

  3. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(14)臻味茶苑 永康店・串門子茶館

    MRTで東門駅まで移動してきました。ここからは永康街の茶荘・茶館を…

  4. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(16)北埔へ

    7日目です。本来ならこの日に帰る予定にしていたのですが、茶農家さん…

  5. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(2)武夷山へ

    虹橋空港から武夷山へ2日目。虹橋空港第2ターミナルへ移動し、チ…

  6. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(5)蒙頂山躍華茶業

    峨眉山から蒙頂山へ3日目は朝から峨眉山市を出て、雅安市名山区へ向か…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 茶海として使える・UNITEA ミルクピッチャー
  2. 2020年のエコ茶会は、オンライン開催になります
  3. 新しい中国茶・台湾茶の情報サイト「Teamedia」スタート…
  4. 『中国茶の魅力を日本へ!そして世界へ!』
  5. 日本全国茶館めぐり-茶坊 玉蘭(熊本県熊本市)

おすすめ記事

  1. 九曲紅梅博物館通り側
  2. 月竹
  1. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(13)南街得意・冰讃
  2. お茶

    第13回 地球にやさしい中国茶交流会 御礼
  3. お茶

    日本全国茶館めぐり-チャイニーズカフェ・アンディン(熊本県熊本市)
  4. 中国旅行

    春の四川省茶旅2019(12)雅安博物館
  5. Teamediaプロジェクト

    中国茶基礎講座、始めます
PAGE TOP