お茶

武夷山に行ってきました&大大阪お茶会のお知らせ

気がつけば、2020年初投稿です。
年末に引っ越しをし、年明け早々には武夷山に行ってきました。
武夷山は観光もシーズンオフで茶畑もお休み中な感じでした。

とはいえ、天気はとても良く。

少し足を伸ばして、万里茶路の起点の碑がある下梅村に行ってきました。

観光はもれなく地元のガイドの方がついて回るので、自由には回れないのですが。

で、武夷山に行った理由はこちら。

昨年のお茶が焙煎から上がっていまして、いい感じになっていました。
あれこれ色々な品種、ロットを買っていたら、恐ろしい袋の数に・・・(^^;)

そのお茶を購入していた理由はこちら。

来月2月23日に開かれる、大大阪お茶会で武夷山のお茶のセミナーをするためです。

大大阪お茶会、今回で3回目です。
今年はお茶や茶器などの販売ブースへの応募が多かったこともあり、販売フロアが2階と3階の2フロア全部に。
セミナーとワークショップは4階、茶席は5階という形で、文字通り、全館貸し切りになるそうです。

私のセミナーは12時15分~13時45分の90分で武夷山のお茶を6種類ほど飲んでいただく予定です。
まだ寒い時期なので、色々飲んでいただいて、温まっていただければと思います。
予約の受付は、明日1月25日(土)の20時からスタートだそうなので、お近くの方はぜひ。

< 第3回 大大阪お茶会 >
日時:2020年2月23日(日) 10:00~17:00(予定)
会場:愛日会館(あいじつかいかん)
大阪市中央区本町4丁目7-11
交通:大阪市営地下鉄 御堂筋線・四つ橋線・中央線 本町駅下車徒歩5分
入場:無料
予約:セミナー、ワークショップは予約制。茶席は当日受付のみ。販売ブースには自由に出入りできます。
Web:https://ajtla.teamedia.jp/dai-osaka/

 

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

 

年に一度のお茶の祭典ですよ~

春の四川省茶旅、ふたたび。前のページ

日本全国茶館めぐり-時光舎(大阪府池田市)次のページ

ピックアップ記事

  1. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(2)お店選び編(台北版・その1)
  2. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(1)基礎知識編
  3. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(3)お店選び編(台北版・その2)
  4. 中国茶の世界にようこそ2019(1)中国茶の全体像
  5. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(5)帰国後のあれこれ編

関連記事

  1. お茶

    台湾でお茶を買うノウハウ2018(5)帰国後のあれこれ編

    最後は帰国後のあれこれ編です。遠足は「家に帰るまでが遠足」ですが、…

  2. お茶

    台湾のお茶ガイド(4)木柵鉄観音

    第4弾は、木柵鉄観音です。台北市内で作られている名茶木…

  3. お茶

    日本全国茶館めぐり-TEACE Teasalon&Interior(兵庫県川西市)

    新しい街づくりが進む、川西市のキセラ川西地区。ここに新しい中国茶の…

  4. お茶

    日本全国茶館めぐり-無天茶坊(岡山県玉野市)

    宇野港のそばにある本格派の台湾茶藝館かつては本州と香川県の高松を結…

  5. 陶然茶房

    お茶

    日本全国茶館めぐり-陶然茶房(宮崎県児湯郡木城町)

    宮崎市内から北へ、車で45分ほど。自然豊かな、人口5000人ほどの…

  6. 月竹

    お茶

    日本全国茶館めぐり-月竹(福岡市中央区)

    福岡城趾にほど近い、赤坂。一本裏通りに入った閑静な場所に、選りすぐ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 『中国茶の魅力を日本へ!そして世界へ!』
  2. 日本全国茶館めぐり-茶坊 玉蘭(熊本県熊本市)
  3. 日本全国茶館めぐり-チャイニーズカフェ・アンディン(熊本県熊…
  4. 日本全国茶館めぐり-無天茶坊(岡山県玉野市)
  5. 日本全国茶館めぐり-凰茶堂(福岡県北九州市小倉南区)

おすすめ記事

  1. お茶

    台湾のお茶ガイド(5)東方美人茶
  2. Teamediaプロジェクト

    中国茶基礎講座、始めます
  3. Teamediaプロジェクト

    セミナー「台湾でお茶を買うノウハウ2019」
  4. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(3)天游峰景区・茶洞
  5. Teamediaプロジェクト

    「標準」を読む、第2回好評開催中
PAGE TOP