中国旅行

福建烏龍茶の旅2017(11)一線天、虎嘯岩

ゆっくりめに始動

武夷山3日目です。
昨日は、随分歩いた感じがしていましたが、スマホの歩数計を見たら約2万5千歩でした。
さすがに歩きすぎですね・・・

そんなわけで3日目は、ゆっくり始動。
ホテルの朝食会場には武夷紅茶(Bohea Tea)というお茶があったので、飲んでみました。

穏やかな感じの紅茶です。
Bohea、中国から西洋に始めていった紅茶がこれだと言われています。

現在では、武夷紅茶ってのは2011年に福建省の地方標準で定義され、地理的表示製品になっています。
この下に正山小種や小種、煙小種、奇紅などが含まれるんですが、金駿眉は含まれなかったので、模倣品の氾濫を呼んでしまったという。
※金駿眉も2015年に原産地を定義する業界標準が出来ました。

のんびり朝食を食べてから、風景区へ。

雲河越しの大王峰です。
3日間とも天気は素晴らしく良かったですね。
気温は25度ぐらいになるので、長袖腕まくりでちょうど良い感じでした。
でも、朝夕はちょっと冷え込むので、軽く羽織れる上着があるといいかも、という程度。
歩き回ることの多い武夷山では、実はベストシーズンなのかもしれません。

風景区に着いてみると、金曜日だからなのか、団体客は少なめ。
金曜、土曜の宿泊料金だけ高く設定しているホテルもあるので、団体の方はそこを避けるのかもしれませんね。

南入口のバス乗り場付近には、こんな横断幕があります。

景観を守ろうというスローガンなんでしょうが、チケットのお値段を考えると、文字通りの「金山銀山」だよな・・・と思ったり(^^;)

今日はまずミニバスに乗って、一線天に行きます。

一線天

バスに乗って15分ほどで一線天に到着。

イラストマップを見る限り、数ある景区の中では、あまり規模が大きく無さそうな雰囲気です。

森の中の遊歩道を歩いて、一線天の入口の方に向かいます。
そこにこのような立て札が。

いつもの登山インフォメーションですね。
ここで注目すべきところは、通路の最も狭いところは30cmしかないよ、ということ。
とても狭いので、心臓の弱い方、そして体重の重い人は、気をつけてね、というところ。
閉所恐怖症の方とかは、結構厳しいかも。

うーん、この注意書きには個人的には、1カ所気になるところがありますね・・・

とはいえ、前にちょっとぽっちゃりめのお兄さんがいたので、大丈夫だろうと思い、突撃していきます。
一線天、右と左があるようなのですが、みなさん右一線天の方に行くので、その後についていきました。

洞窟のようなところに入っていくと、岩のすき間のような場所に出ます。
おお、確かに空(天)が一本の線のように見えますね。
この線に沿って通路を進んでいくのですが、階段状になっていて、山を登っていく感じです。

前の人について進んでいくと、どんどん道幅が狭くなっていきます。
上のすき間も狭くなり、線はどんどん細くなります。

しばらく進んだところで、前を行くぽっちゃりめのお兄さんが、

「僕のお腹がつっかえて進めないよ~」

と泣きを入れ始めましたw
確かにお兄さん、丸いお腹が出ています。それでは厳しいでしょう・・・

でも、ここで進めないと言われてもねぇ。
一方通行なので、引き返すに引き返せませんぜ。

(若干、我が身にも不安を感じつつ)とりあえず、追い抜いて進みます。

んー、これは確かに狭い。
壁を擦りながら進んでいく感じになります。
綺麗な服で来てはいけない観光地ですね。

どうにか無事に通過しました。
私、スリムなので(←笑うところです)

階段を上りきると、洞窟を出ました。
その時の開放感は、まるで天国ですね。
広い世界って素晴らしい!

入口のある広場まで戻ってきます。

そこには楼閣岩が。
穴がポコポコ開いていて、仙人のマンション風です。

そういえば、武夷山はマイナスイオン推しのようです。

この看板、あちこちのスポットにありました。

虎嘯岩

続いてミニバスに乗り、虎嘯岩へ。
バスに乗るときに「どこに行くの?」と聞かれたので、「虎嘯岩」と答えたのですが、結局、私1人しか降りませんでした。
人気のない景区なのかも・・・

景区の入口でチケットチェックを受け、森の中へ。

いきなり、急坂になりました。
岩に登るので、人気がないみたいですね・・・

岩に刻まれたイラストマップを発見。
これを見ても、さっぱり分かりません。傾斜は平面図では分からないんですよね。
とりあえず、岩に登るのは避けられそうにない雰囲気なので、先へ進んでいきます。

好漢坡というところに出ます。
またも、登山インフォメーションが。
340段なら、まあ大丈夫か、と思って登り始めたのですが・・・

この階段、ちょっと急すぎません?

斜面が急すぎる・・・
好漢坡という、カッコいい名前に相応しい急坂でした。

登っていくと、確かに景色は良いですね。

中腹付近で少し景色を眺めて休憩。息を整えます。
頂上付近まで上がると茶店があります。
その先に、天命橋というところがあるようなので、行ってみました。

ここで道は行き止まり。
岩山と岩山を繋ぐ橋だったようで、何故ここにかけたのか。

パックリと谷間が口を開けています。

ここで行き止まりなので、茶店のある広場まで戻って、来た時とは別方向へ降りていきます。
この下りる坂も、かなり急激な勾配でした。
階段が岩に張りつくように、こんな感じで設けられています。

岩の中腹付近には、祠があります。

そこからさらに下っていくと、絶壁が顔を現します。

岩が、下の方からググッと出てきています。
下の方からポコンと横にせり出してきているんですね。
その斜面に圧倒されます。かなりの迫力でした。

下まで降りてみました。
ちょっと分かりにくいかもですが、右側の岩が急激に外に向かってせり出しているのが分かります。
この迫力感こそが、ここの一番の見どころかも、と思いました。

その先は、天成禅院になっています。

お経がスピーカーから流れているのですが、その出元をたどってみると・・・

ソーラーパネルで発電してましたw

と、ここまでが虎嘯岩でした。
その先には茶畑がありました。

これがいわゆる虎肉(※)かと思いましたが、茶葉を見たら水仙のようです。
※虎嘯岩の肉桂。略して虎肉。

この後は、山の中の道を通って、玉女峰まで行ってみたいと思います。

続く。

 

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

斜面が急なので、きっと人気がないんでしょうね(^^;)

「福建烏龍茶の旅2017」記事一覧へ

 

ピックアップ記事

  1. 中国茶の世界にようこそ2019(1)中国茶の全体像
  2. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(2)お店選び編(台北版・その1)
  3. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(4)お店での買い方編
  4. 台湾でお茶を買うノウハウ2018(5)帰国後のあれこれ編
  5. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ

関連記事

  1. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(15)安渓の中国茶都

    中国茶都へ茶葉大観園を見た後、山を下りて、元の歩道橋のある交差点の…

  2. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(16)上海・大寧国際茶城

    厦門高崎空港まで空港快線で厦門3日目は、移動日です。武夷山経由…

  3. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(7)武夷宮から大紅袍へ

    風景区の交通の要衝・武夷宮九曲渓の筏下りは武夷宮に到着します。…

  4. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(14)臻味茶苑 永康店・串門子茶館

    MRTで東門駅まで移動してきました。ここからは永康街の茶荘・茶館を…

  5. 台湾旅行

    台湾あちこち茶館めぐり2016(5)台中刑務所演武場・道禾六藝文化館

    3日目です。今日は台中市内を巡ります。台中刑務所演武場まず…

  6. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(5)武夷山のお茶工場にて

    お茶工場へ風景区の南入口で乗ったタクシーの運転手さんに連れてこられ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ…
  2. 中国茶の世界にようこそ2019(1)中国茶の全体像
  3. 新茶を飲む「大陸烏龍茶」ご報告&第4弾は「中国紅茶」
  4. 2019年中国茶福袋情報
  5. 中国から帰国しました

おすすめ記事

  1. 茶文化展示館入り口
  1. お茶

    中国茶の世界にようこそ2019(2)様々な名茶と買えるところ
  2. 中国旅行

    九曲紅梅と龍井茶の郷へ(9)中国茶葉博物館・龍井館区と翁家山
  3. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(11)一線天、虎嘯岩
  4. 中国旅行

    福建烏龍茶の旅2017(1)まずは上海、天山茶城へ
  5. 中国旅行

    九曲紅梅と龍井茶の郷へ(14)上海書城・天山茶城
PAGE TOP